私たちの日常生活の中では、必ずと言っていいほど雨具を使用することが必要になってくるものです。みなさんの中には、もしかしたら雨具を使用することなく生活ができている方もいらっしゃるかもしれません。その様な方は生活の中の事柄がとても整っている環境にあると考えられます。なかなかこのような条件に合致するような生活は見受けられないでしょう。多くの方は雲行きが怪しくなってきたら雨具の用意をしたりして、いざという時に使用できるようにしているのです。雨具はこのように考えますと、普段から私たちの身の回りに常備しておいても良いくらいのものでもあるのです。
 雨具を利用される方は、その殆どが傘を使用されています。傘は非常に便利なものでもあります。また持ち合わせていない時に不意に雨が降り始めても、近くにコンビニがあればそこに立ち寄ると必ずと言っていいほど傘を売っていたりします。それほど私たちの生活に浸透している雨具であるとも考えられるのです。そのような傘でも、多くの方は長傘を利用されています。コンビニで販売されている傘も、この長傘が殆どを占めています。折りたたみ式傘に比べて長傘は生産する立場からも非常に簡単に、しかもコストを抑えて生産ができることから、多くの場所で販売がされているということになります。長傘を普段からよく使われている方であれば、その方の使用状況等から考えて、もっとその製品に対しての要望がだんだんと募ってくることとなるでしょう。そのようなユーザーの立場からのノウハウが、次の新商品への改善点として取り込まれることとなります。そして消費者側は、更に機能性の良い商品を手にすることができるという、好循環持っていくことができるのです。
 長傘を利用されている方の多くが、その大きさや重さについてもう少しどうにか改良ができないものだろうかとお考えになるかも知れません。そのようなユーザーのニーズがこれまでにも多くありましたので、メーカー側も軽量タイプの物を販売してきてもいます。この軽量タイプであれば、当然以前の物と比較しますと重さが全く異なります。実際に持ってみた時の感覚にはっきりとわかるほどの違いとなっているのです。しかし軽量化をするということは、いかに材質を軽くするかだけではなく、少なくするのかということでその目的を達成していることになります。ですから場合によっては傘自体の強度に欠けることも考えられますので、注意が必要となります。